従来のCADとの比較

互換性のあるCADソフトウェアを導入すると一体どんな変化があるでしょうか。これを知るためには、従来のCADと互換ソフトウェアとの間にどんな違いがあるのかについて学んでみることが大切です。

まずは導入費用についてです。一般的なCADですと、導入だけで約20万円から50万円近くはかかります。この金額についてどのように考えるかは、個人の価値観によって異なりますが、決して安い金額であるとは言えません。一方、互換ソフトウェアの場合は、安いタイプですと約6万円から導入が可能です。また、多くの互換性サービスは、高い場合でも10万円台で済みます。つまり、導入の段階でこんなにも金額的な差が出るのです。しかも1ヵ月間お試しの期間を設けていることもあり、これならばどんなサービスなのか本契約の前に体験することができます。また、従来のCADですと、バージョンアップのための費用もかかるのは不可避。この維持費だけでも、約20万円から40万円に及ぶことも多く、これでは金銭的にも厳しいでしょう。

このように、従来のCADと互換ソフトウェアを比較してみると、非常に大きな差が生じると言えるのです。それならば、互換性ソフトでコストを大幅に削減することを検討してみてはいかがでしょうか。

TOPIC<ARES>
低価格なCAD「ARES」を導入できる株式会社グレバートジャパンのサイトです。