CAD互換性ソフトのおすすめ

設計の業務に従事する人にとって、CADは必要な存在です。このソフトがあるからこそ設計業務がスムーズに進みますし、もしCADなしには設計すらできないでしょう。このソフトは、どちらかと言うと高額なイメージがあります。人によっては何十万円とか何百万円の費用がかかるのではないかと感じるのも、決しておかしくはありません。一般的に高額なイメージのあるCADですが、互換性ソフトウェアを使えば、従来とは桁が違うほどコストを抑えることができるのです。

それでは、CADの導入費用は、一体どれぐらいでしょうか。企業やサービスによって違いはありますが、従来のタイプですと少なくとも20万円以上はかかるのが当たり前です。中には約50万円近くの導入費用が必要なこともあります。これだけのコストを投資するとしたら、かなり高額な出費になることは予想できるでしょう。これとは反対に、互換性ソフトウェアであれば、導入に20万円以上かかることはほとんどありません。高い場合でも10万円プラスアルファで済みますし、中には約5万円で導入できるケースも、決して珍しくはありません。この互換性ソフトが広まったのは1990年代だと言われていますが、従来のタイプよりも大幅にコストダウンできるという点で、多くの設計担当者から人気がありました。少しでも予算を安くしながらCADを導入したいと思っている方々にとっては、今でも高い人気があります。

こちらのサイトでは、CADの互換ソフトウェアの導入、そして費用の削減について紹介。貴社におけるコストを最大限抑え、尚且つ能率的な設計業務の一助になることを願ってもやみません。