互換ソフトウェアの歴史と発展

互換ソフトウェアが世に出たのは、1990年代と言われています。元々CADは1980年代から世界中で利用されるようになり、当時から設計分野では欠かすことのできない貴重なツールとしてみなされていました。しかし、従来のCADはどうしても金銭的に高く、サービスを利用したいと思っても高価なことから断念してしまうケースも多かったのです。これではせっかくの有益なツールも上手く世に広がっていきません。

そこで、互換性のソフトウェアが開発されることになります。日本では1990年代に販売がされ始めたのですが、金銭的に厳しかった方々にとっては非常に有り難い存在でした。設計者にとって必要なソフトですし、そうである以上は何としてでも手に入れたいと当時の方々は感じていたものです。それならば、コストを大幅に下げて販売やサポートをすれば、敷居が高く感じることがなく入手しやすいのは一目瞭然。互換性のソフトは、従来のCADとほとんど変わらないどころか、企業にとって重要なセキュリティ対策も十分になされています。今日では、コスト削減を前提にしながら、よりクオリティの高いサービスが提供されるに至っています。

CADを必要とする企業にとって、コストの問題は切っても切れません。少しでも安価でソフトを導入でき、尚且つその質が良いものであるからこそ、互換性ソフトはおすすめなのです。

従来のCADとの比較

互換性のあるCADソフトウェアを導入すると一体どんな変化があるでしょうか。これを知るためには、従来のCADと互換ソフトウェアとの間にどんな違いがあるのかについて学んでみることが大切です。

まずは導入費用についてです。一般的なCADですと、導入だけで約20万円から50万円近くはかかります。この金額についてどのように考えるかは、個人の価値観によって異なりますが、決して安い金額であるとは言えません。一方、互換ソフトウェアの場合は、安いタイプですと約6万円から導入が可能です。また、多くの互換性サービスは、高い場合でも10万円台で済みます。つまり、導入の段階でこんなにも金額的な差が出るのです。しかも1ヵ月間お試しの期間を設けていることもあり、これならばどんなサービスなのか本契約の前に体験することができます。また、従来のCADですと、バージョンアップのための費用もかかるのは不可避。この維持費だけでも、約20万円から40万円に及ぶことも多く、これでは金銭的にも厳しいでしょう。

このように、従来のCADと互換ソフトウェアを比較してみると、非常に大きな差が生じると言えるのです。それならば、互換性ソフトでコストを大幅に削減することを検討してみてはいかがでしょうか。

TOPIC<ARES>
低価格なCAD「ARES」を導入できる株式会社グレバートジャパンのサイトです。

CAD互換性ソフトのおすすめ

設計の業務に従事する人にとって、CADは必要な存在です。このソフトがあるからこそ設計業務がスムーズに進みますし、もしCADなしには設計すらできないでしょう。このソフトは、どちらかと言うと高額なイメージがあります。人によっては何十万円とか何百万円の費用がかかるのではないかと感じるのも、決しておかしくはありません。一般的に高額なイメージのあるCADですが、互換性ソフトウェアを使えば、従来とは桁が違うほどコストを抑えることができるのです。

それでは、CADの導入費用は、一体どれぐらいでしょうか。企業やサービスによって違いはありますが、従来のタイプですと少なくとも20万円以上はかかるのが当たり前です。中には約50万円近くの導入費用が必要なこともあります。これだけのコストを投資するとしたら、かなり高額な出費になることは予想できるでしょう。これとは反対に、互換性ソフトウェアであれば、導入に20万円以上かかることはほとんどありません。高い場合でも10万円プラスアルファで済みますし、中には約5万円で導入できるケースも、決して珍しくはありません。この互換性ソフトが広まったのは1990年代だと言われていますが、従来のタイプよりも大幅にコストダウンできるという点で、多くの設計担当者から人気がありました。少しでも予算を安くしながらCADを導入したいと思っている方々にとっては、今でも高い人気があります。

こちらのサイトでは、CADの互換ソフトウェアの導入、そして費用の削減について紹介。貴社におけるコストを最大限抑え、尚且つ能率的な設計業務の一助になることを願ってもやみません。